【おすすめ記事】良い職場を見極めるポイント

介護職の本音

介護職の給与について

Feature

  • 苦労もあるが得るものも多い 苦労もあるが得るものも多い

    介護職は確かに苦労の多い仕事であり、その点に関して世間の一般的なイメージは間違っていません。しかし同時に非常にやりがいのある仕事でもあり、さらに資格職であることと需要が増加中であることから将来につながる仕事でもあります。

  • 誰もが一度は悩む人間関係 誰もが一度は悩む人間関係

    1人で完結する仕事ではない以上、人間関係のトラブルはどんな仕事でも発生しますが、チームプレイの求められる介護職では特に大きな問題になります。なお一般的に労働条件が良い職場ほど心に余裕ができるため、人間関係も良好に保たれる場合が多くなります。

  • 良い職場を見極めるポイント 良い職場を見極めるポイント

    転職活動を行う場合には転職候補先の職場が本当に良い環境と言えるのかどうかを職場見学などを通して良くチェックしましょう。労働条件の悪い職場であればまた様々な悩みを抱えてしまいますし、自分に合っているかどうかを見ることも大切です。

職場によってばらつきがある給与

職場によってばらつきがある給与

薄給イメージの介護職

介護職は世間一般では薄給の仕事というイメージを残念ながら持たれてしまっています。そしてこのイメージは決して完全な間違いというわけでもなく、残念ながら概ね正しいイメージでもあるのです。例えば平均的な介護士の給与は目安としてですが、月給が18万円〜20万円ほどであり、これでは手取りは15万円〜17万円ほどになります。地方であれば一人暮らしも可能でしょうが、東京などの都心であれば一人暮らしは難しいと言えるでしょう。東京は地方に比較して家賃が高いため、家賃を払った後に使えるお金が10万円を切ってしまうからです。これではギリギリ生活できたとしても貯金や将来への備えを行うこともできません。

職場によるばらつきも

ただ、上記の介護士の給与は決して全ての施設に当てはまるというわけでもないのです。介護士をはじめとした介護職の給与は勤務先の施設によってばらつきが大きく、介護の仕事に就いたら一生薄給を覚悟しなければならないというわけではありません。給与が安く、従業員の生活のことを考えてくれないような施設ではなく、従業員を思いきちんとした生活を送れるだけの給与を支払ってくれる施設を探せば良いのです。
基本的に介護施設は従業員である介護士などに対して真っ当な給与を支払ってくれるかどうかは、どの程度経営が上手くいっているのかと、経営者の従業員への姿勢によります。給与の高い施設はそこで働く介護職の方たちの雰囲気も明るくやる気に満ちているので一見すればすぐにわかるでしょう。

給与が高い忙しい現場

なお給与の高い施設の具体的な見抜き方として、どの程度忙しい施設なのかを観察することも重要なポイントです。忙し施設はそれだけお客様である要介護者の方々を抱えている施設ですので、その分収入も多く、従業員の給与を支払う原資があります。また忙しい分人手不足に陥っていますので、安定的な雇用を行うために募集条件を高めに設定することが多いのです。

夜勤で収入を増やす

また施設によらず収入を増やすためのポイントとして、積極的に夜勤を入れてしまうという手もあります。夜勤を行った場合は夜勤手当がつきますので、同じ時間勤務する日勤に比較してより高い収入を得ることが可能になるのです。

資格を取得し収入を増やす

またその他の方法として資格を取得し、資格手当ての受給を目指すという手もあるでしょう。これは勤務先との雇用契約によりますが、大半の施設では資格手当の制度を設けています。介護福祉士の資格やケアマネージャーの資格など、介護には様々な資格があり上位の資格に挑戦することは自分自身の自己啓発や能力開発という観点からも重要なので、給与に不満がなくとも頑張って欲しいおすすめの方法です。

2017.03.24

悩んだ時に読んでほしい記事はこちら!

一度自分を見つめ直す

もし現在の職場環境に大きな不満や悩みを抱えているのであれば、自分がどういった点に不満や悩みを抱えているのか分析しましょう。人間は冷静に自分の悩みのポイントを分析するだけでも気持ちが整理され悩みが解決することがありますし、解決のための行動に移る際にも分析が役に立ちます。

続きを読む